科学的根拠に基づいて診断するから審美性・耐久性が高い!

当院では科学的根拠に基づいた診断をした上で、ダイレクトボンディングの適応可否を判断しています。診断の結果、適していないと判断した場合は、別の治療を提案させて頂きます。事実、以前、歯科衛生士の方がダイレクトボンディングによるむし歯治療を希望されましたが、診断の結果、治療をお断りしたことがありました。

当院が考える化学的根拠とは、歯の状態や歯の位置、咬み合わせ、お口全体の状態、その方の年齢や健康状態なども含まれます。これらを総合的に判断した上で、その方に合った最適な治療を提案いたします。

ダイレクトボンディングで治療ができると思っている方が多いようですが、年齢や口腔内の状態によって、適応が難しいケースもあります。その場合は時間をかけて理由を説明した上で、別の治療法を提案いたします。納得できるまできちんと説明しますので、ダイレクトボンディングをご希望の方は、まずは、ご相談下さい。

<ダイレクトボンディングが適している方>
・前歯に小さなむし歯や欠けがある方
・歯と歯の間にある隙間を目立たないようにしたい方
・小さなむし歯がある方
・以前、詰めたインレーを白くて目立たない歯にしたい方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております