診断力と技術力があるから予後がいいインプラント

インプラント

インプラントでは、歯を失った骨に人工歯根を埋入して咬み合わせを取り戻すことができますが、歯科医師の技術力によって見た目やその後の予後が大きく変わってきます。当院のインプラントは、天然歯と見分けがつかないほど自然で、予後のよさに定評があります。

むし歯や歯周病、咬み合わせの悪さなど、歯を失った原因は色々ありますが、それらを改善せずにインプラントを入れても、再び同じ症状が現われてインプラントの寿命が短くなります。
当院では、歯を失った原因を必ず追究し、それを改善してからインプラント手術を行うことで、予後をよくしています。

予後がいいから長持する4つの理由
●歯周病治療の徹底
歯周病を根治せずにインプラント手術を行うと、傷口から歯周病菌が侵入する危険があり、予後を左右します。術前に徹底した歯周病治療を行いますので、感染リスクが軽減して予後がよくなります。

●咬み合わせを考慮
全体の歯が咬み合っていないと、インプラントだけでなく残っている歯にも負担がかかり、歯周病のリスクが高くなります。そこで、咬み合わせを考慮した上で、部分矯正やかぶせ物などの治療も取り入れることで予後がよくなります。

●トップ・ダウン・トリートメントで埋入位置を決める
補綴物とインプラントの埋入位置にズレがあると、インプラントが正常に機能しなくなり、負担がかかります。そこで最終的な補綴物の位置に合わせるトップ・ダウン・トリートメントを採用し、インプラントの埋入位置や角度・方向を決定して埋入するので、予後がよくなりインプラントが長持ちします。

●高度なインプラント治療
インプラントを埋入するには、充分な骨の量が必要です。これが不足していると、インプラントが骨を突き破ったり、定着しなかったりします。骨が不足している場合は、骨造成(GBRやサイナスリフト等)で、骨の量を増やしてからインプラントを埋入。骨としっかり結合するので予後がよくなります。

審美性を追及した最先端システム「DSD」でシミュレーション!

DSD(デジタルスマイルデザイン)当院では審美性を追及し、DSD(デジタルスマイルデザイン)によるシミュレーションを行っています。DSDは、ブラジルの歯科医師Dr. Christian Coachmanのチームが考案した最先端のデジタル診断システムです。顔写真をソフトに取り込んで、それをもとに歯ぐきのラインや歯の位置・長さなどをシミュレーションするので、調和の取れた自然で美しい口元に仕上げることができます。

例えば、DSDがあればこんなことができます。

歯を削る前に、DSD上でシミュレーションして、削る量を決めることができる。歯の色を決める時、DSD上で候補色を置いて比較することができるので、馴染みのいい色を選ぶことができる。DSD上でシミュレーションすることで、歯ぐきのラインの乱れを美しく整えることができる。

そのほか、矯正治療、インプラント、歯肉移植など、様々な治療のシミュレーションができます。

最先端技術による豊富な実績で安全性の高いインプラント治療

安全性の高いインプラント治療インプラントとは、歯を失った部分のあごの骨にチタンでできたインプラント体(人工歯根)を埋入し、その上に人工歯を作るという一般歯科と口腔外科を総合した治療です。他の歯を痛めることなく、天然の歯に近い噛み心地を再現できるなどメリットの多い治療法です。また、きちんとメインテナンスを続ければ長持ちすることも明らかになっています。

大切な歯をなくしてしまい食事がおいしく食べられない方や、どうしても入れ歯に満足できず悩まれている方にはお勧めの治療です。他院で断られた難症例にも対応しますので、まずはご相談ください。

インプラントを無理にお勧めすることはありません
当院では、できるだけ歯を残す治療方針を大切にしていますので、無理にインプラントをお勧めすることはありません。歯を1本だけなくされた方や、ブリッジや入れ歯では周りの歯を傷めてしまう場合など、あくまでもインプラントが適している場合にのみご提案しますのでご安心ください。

多くの歯を失った方のためにAll-On-4とAll-On-6にも対応します

オールオンフォーAll-On-4(オールオンフォー)とAll-On-6(オールオンシックス)とは、総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4~6本のインプラント体をバランスよく骨に埋入して連結した人口歯を支える治療法です。埋入手術当日に固定式の仮の歯を入れますので、その日のうちに噛むこともできます。機能面はもちろん、審美的にもとても優れた治療法です。

インプラントを4~6本埋入するだけですので手術時間も比較的短くて済み、患者さんの肉体的、精神的負担の軽減、そして費用も抑えることができます。欧米では広く普及している治療法です。

安心して治療を受けていただくために当院が大切にしていること

安心のインプラント治療インプラントについては「手術は怖い」「本当に安全なのだろうか」などと不安に思われる方も多いようです。そこで当院では安全で安心なインプラント治療を実施できるように様々な配慮を行っています。

手術前の診断と準備
インプラント治療に入る前にしっかりとした検査を行います。歯科用CTから得た精密な検査データをもとに診断を行い、その上で適切な治療計画、手術術式を立案します。手術の前に時間をいただき、患者さんに安全な手術を受けていただくためにシミュレーションを何度も行い、臨機応変に対応致します。

当院ではインプラントなど高度な治療については、最新の医療設備を導入した個室にて行います。正確で安全なインプラント治療を行っておりますので、ご安心ください。

衛生管理への徹底したこだわり
クリニックで使用するすべての器具は、世界最高レベルの滅菌(無菌化)システムで滅菌しています。患者さんには見えない部分ですが、安全で安心できる医療のために衛生管理には徹底的にこだわっています。

静脈内鎮静法で手術の不安を解消します

静脈内鎮静法インプラントの手術の際には、局所麻酔と併用して静脈内鎮静法を行うこともできます。静脈内鎮静法は少量の精神安定剤を点滴する方法で、全身麻酔の直前のような感覚となり、手術に対する不安や痛み、術中に口を開けたままの状態でいることなどの精神的・身体的ストレスをなくすことができます。

静脈内鎮静法で手術を受ける患者さんは、意識はありますが少しボーっとした状態で痛みを感じることがなく、ご自分での意思表示やこちら側からの呼びかけに対しても答えることが可能です。時間の経過の感覚がなくなるので、1~2時間の手術が20〜30分程度で終わったように感じられます。手術が終わったあとはしばらく休んでいただき、意識がはっきりしてから歩行運動などのチェックをした後、帰宅していただきますのでご安心ください。

静脈内鎮静法についてはコチラ

インプラントと他の治療法との比較

ブリッジブリッジ
失った歯の両隣の歯を削り、支台を形成して3歯以上連なったブリッジを被せます。ブリッジは使用上の違和感がなく、材質によってはブリッジであることもわかりにくいメリットがあります。しかし歯のない箇所の人工歯の負担が支台歯にかかり、歯や歯ぐきを痛める原因になります。また失った歯が多い場合にはブリッジができない場合があります。また支台歯は、むし歯や歯周病にかかりやすいので、よくお手入れすることが大切です。

入れ歯入れ歯
入れ歯は一般的にクラスプと呼ばれるバネを使って他の歯に固定させます。取り外しができるのでお手入れも楽で、失った歯が多くても適用ができます。しかし物を噛んだ時に歯ぐきに直接負担がかかるため、痛みが出てしまう事があります。またクラスプをかけた歯には噛むたびに負担がかかり、その歯の寿命を縮める恐れがあります。

インプラントのメリットインプラント
●違和感がない
インプラントは、天然歯とほとんど変わらない感覚を再現することができます。

●耐久性
入れ歯は5年、ブリッジの寿命は7年といわれるのに対し、インプラントは15年も持ちこたえると言われます。状態がよければ40年以上長持ちしているケースもあります。

●よく噛める
入れ歯では満足に噛めないことがありますが、インプラントは強い力が加わっても安定しているため、自分の歯と同じように噛むことができます。

●美味しく食べられる
入れ歯では噛む力が弱くなったり、粘膜の一部が覆われて味覚が低下することがありますが、インプラントは味覚が低下することがなく、美味しく食べることができます。

●話しやすい
入れ歯がお口に合っていないと動いたりして発音に支障を来すことがありますが、インプラントは話すことに支障はありません。

●周りの天然歯への負担が少ない
インプラントは残った歯に依存することがないので、全体の寿命を延ばすことができます。

●入れ歯や矯正治療にも活用できる
インプラントで支える入れ歯や、入れ歯を使った矯正治療などに活用できます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております