緻密な根管治療を行うための高度な設備、器具を使用します

ニッケルチタンファイル当院では、歯科用マイクロスコープより高いランクのLeica社製医科用マイクロスコープを使用します。歯科用に比べアームの性能が高く機動性が高いため、より精密な治療が可能です。また体への親和性の高いニッケルチタンファイルを使用して、問題となる原因物質をきれいに取り除きます。そして欧米の根管治療の専門医が使用するものと同じ薬剤を使用し、徹底的な消毒をした後に薬を詰めることで飛躍的に治療成績を向上させています。

また1本の歯の治療に1時間から1時間半かけて集中的な治療を行うので通院回数も1〜2回で済みます。他院の根管治療で、歯の一部に穴が開いた場合(バフォレーション)など難症例にも対応することができます。

根管治療時にはラバーダム防湿を徹底していますラバーダム防湿
ラバーダム防湿とは、唾液や細菌などから歯を隔離し、患部への細菌侵入・修復物の誤飲を防ぐゴムのマスクのようなものです。海外ではラバーダム防湿を行わない治療はありえないというくらい歯科治療には欠かせないものですが、日本では採算の問題から多くの歯科医院で省略されているのが現状です。当院ではラバーダム防湿を徹底し、根管治療時の感染や組織損傷、誤飲を確実に予防します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております