二宮院長の技術力が最新治療を活かします

精密顕微鏡治療根管治療の水準が高いアメリカやヨーロッパでは、マイクロスコープによる治療が日常的に行われ、日本でも治療精度を求める歯科医師はマイクロスコープを使った歯科治療を行うようになってきています。

しかしながらマイクロスコープを使ったからといって、必ずしも治療が上手くいくとは限りません。マイクロスコープの操作は難しく、また細菌などの微生物まで確認することはできません。 根管治療は細菌に対するコントロールをしっかり行った上で、高い技術力を持った歯科医師がコンセプトを守りながら治療することが重要になってきます。

二宮院長はLeica社製医科用マイクロスコープの操作にも長け、その性能を最大限に活かしながら精度の高い治療を行うことができます。「根管治療を受けたが痛みや違和感が残る」「むし歯がよく再発する」という方は、ぜひ当院にご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております