歯と体に負担を与えないバイオエミュレーション(生体模倣し、歯の構造に適し生体にあった材料を使用する)の治療

二宮院長の所属するバイオエミュレーショングループでは、歯や体への影響をできるかぎり軽減する、進化したむし歯治療の研究に取り組んでいます。当院は、バイオエミュレーションの考え方と技術を実践した治療が受けられる都内唯一の歯科クリニックでもあります。最新の検査システムや診療機器を導入し、再発を防ぐ精度の高い治療を行い、むし歯になるリスクを軽減し、大切な歯を守るカリエスコントロールを目指します。

コンポジットレジンによる修復治療
バイオエミュレーションのむし歯治療の特徴は、Leica社製医科用マイクロスコープを使い患部だけを取り除く、できるだけ歯を削らない精度の高い治療であること、質の高いコンポジットレジン修復を行うこと、金属製の補綴物を使わないメタルフリー治療であることです。

当院で特に力を入れているのがコンポジットレジンによる修復治療です。コンポジットレジンを使うことにより、患部を削る量をさらに最小限に抑えることができ、安定した咬み合わせと自然な白さを復元することができます。コンポジットレジンの形成には高い技術が求められますが、二宮院長は修復治療を得意とし、その完成度の高さは世界的にも認められています。

<コンポレットレジンとは>
従来、奥歯などの治療は金属製の詰め物が主流でした。これに変わって使われるようになったのが、白いプラスチック樹脂の修復用素材、コンポジットレジンです。「CR接着修復法」と呼ばれる治療で、歯を削ったあとの修復や歯が欠けている部分の修復などにも幅広く使われています。最近は、接着性能の高い接着性レジンが開発されていますが、接着には高い技術が求められるため、その仕上がりは歯科医師の腕に左右されると言われています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております