すべての処置に対して痛みがないのが当然と考えています

痛みや負担の少ない治療

二宮院長の所属するバイオエミュレーショングループは、歯や体に対する低侵襲な歯科診療をテーマとしています。当院でも歯を守りお口全体を守るために、最もリスクの少ない方法を見極めご提案します。そして治療にあたっては、患者さんにできるだけ痛みや不安、負担を与えないことを心がけています。

常に痛みを感じさせない治療を心がけています
痛みに弱い方は歯科治療の際の麻酔注射の最初のチクッとした痛みや、薬液を注入するときのズーンとした痛みが苦手なようです。そこで当院では、表面麻酔を塗ってから極細の注射針を使いますので、チクッとした痛みを感じさせません。麻酔液のカートリッジは人肌に温めることで冷たさを感じないように配慮しています。

実際に注射をする際は、歯ぐきの表面を少し引っ張り、患者さんの呼吸のタイミングに合わせて刺入するなど、痛みを感じさせないテクニックを駆使します。二宮院長は今まで患者さんに「痛い」と言われたことがほとんどありませんので、痛みに弱い方も安心して治療を受けていただけます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております